ドル円を分析、予想するブログ

ドル円を分析、予想するブログ

ドル円に特化した情報を配信しています。

4月16日 ドル円値動き

高値112.05、安値111.84、始値112.03、終値112.00で小幅な陰線での引けとなりました。

昨日のドル円ダブルトップも懸念されるチャートの形だったこともあり、112円での上値が重く、反落かと考えていましたが、111.9付近での下値が硬く反発して引けています。

私の想定では、昨日の段階で111.5の200MA付近までは下落していると考えていましたが、112.0で引けており、ドルが想定以上に強いという印象を受けています。

日米通商協議の結果がまだ出ていないため、様子見の相場が続いている可能性が高いかと考えています。

今日のチャートを見る限りでは、寄り付きが日足のサポートラインの真上に来ており、サポートラインに支えられる形での上昇する可能性も高くなって来ています。

今日の売買方針

112.0付近でのショート維持予定です。

ドル上昇の可能性もありますが、まだレンジを抜けているとは考えていないため、レンジ上限でのショートのタイミングと考えています。