ドル円を分析、予想するブログ

ドル円を分析、予想するブログ

ドル円に特化した情報を配信しています。

イールドカーブコントロールの議論による円高か? 6月8日ドル円動向

画像の説明
画像の説明
画像の説明
画像の説明
海外FX口座について
画像の説明

週足

f:id:jida43456:20200609071413p:image

日足

f:id:jida43456:20200609071406p:image

高値109.684、安値108.226始値109.542、終値108.418で大陰線での引けとなりました。

新型コロナウィルスの世界的な感染拡大において、経済活動の停滞、失業など米経済への影響は大きく、米経済は、はっきりと停滞期に入ったとされています。

その為、FRBでは現在のFF金利目標の引き下げが検討されており、今週の9-10に開催されるFOMCではイールドカーブコントロールが議論されるとも言われており、長期金利の反落からドル売りの継続という流れとなりました。

今回のFOMCイールドカーブコントロールが議論され、国債金利の上限目標の設定によるFRB国債買入が行われることとなれば、日米金利差の縮小による円高傾向となる可能性が高まります。

しかし、FRB内でも堅調に回復する株価を鑑みて、無理にイールドカーブコントロールをする必要はないとの議論もされており、FOMCの趨勢を見守る形で利益確定売りに押される形でのドルの下落となったようです。

15日には108.3で、非常に大きいオプションが観測されており、FOMCでのサプライズがない限り、108.3を挟んだ動きが続くのではないかと考えています。

ファンダメンタルズ的には、サプライチェーンから中国を外す動きが続いているようですが、現在、表面上の国際関係は落ち着いているので、為替には大きな影響を与えていないようですね。

仮想通貨のコピートレード

f:id:jida43456:20200609072925p:image

-0.0124→-0.0127で300円ぐらいのマイナスです。

価格の値動きが激しいと言われる仮想通貨ですが、国が関与していない事で、中央銀行の介入がない事もあり、トレンドが読みやすい相場となりますね。

ボラティリティは大変高い為、逆張り取引では一発退場をする可能性が高く怖いですが、トレンドフォロー型の取引では大きく利益を上げる可能性が高い為、トレンドフォロー型の取引がおススメですね。