ドル円を分析、予想するブログ

FXのトレード記録を公開・分析するブログ

ドル円に特化した情報を配信しています。

ドル110円回復、15-16日のFOMCを睨み、小幅な値動きか?

週足

f:id:jida43456:20210615065058p:image

日足

f:id:jida43456:20210615065102p:image

高値110.091、安値109.589、始値109.592、終値110.020で陽線での引けとなりました。

昨日のドル円は15-16日で行われるFOMCを睨んで、動きが出難い1日となりました。

東京時間から欧州時間にかけては、上下幅で20pips程度の値動きしかなく、そのまま引けを迎えるかに見えましたが、米長期金利が4バーサスポイント上昇し、1.5%台を回復するとドルは上昇し、110円を回復する形での引けとなりました。

昨日の売買結果及び今後の売買方針

f:id:jida43456:20210615065615j:image

f:id:jida43456:20210615065640p:image

前週の金曜日に上昇を示唆するネックラインの更新があり、月曜日の朝からロングを入れていましたが、現状のところ上手くいっているようですね。

f:id:jida43456:20210615065815p:image

欧州時間では下落を示唆する形も見えましたが、ネックラインでの反発となり、

f:id:jida43456:20210615070048p:image

6月4日の高値110.322を目指す動きとなりそうです。

このまま110.322を更新すれば追加のロング、出来なければ利確する予定で考えています。

今日は5・10日なので、東京時間では確実に上昇するものと考えています。