ドル円を分析、予想するブログ

ドル円を分析、予想するブログ

ドル円に特化した情報を配信しています。

85,000円の大勝利‼︎米中関係の悪化懸念により、ドルの上値は重いか。

週足

f:id:jida43456:20200813232608p:image

日足

f:id:jida43456:20200813232613p:image

8月12日〜13日のドル円は12日に東京時間から欧州時間にかけて上昇が続き、米経済指標発表のタイミングで107円を更新しましたが、107円に定着することは出来ず反落しての引けとなりました。

今日のドル円の値動きは小幅な値動きが続くこととなりました。

東京時間では下値を試す動きが続きましたが、106.5付近では下値が硬く反発を繰り返し、欧州時間では再度107円を試す動きとなりましたが、前日高値を意識するタイミングでは上値が重く106.75付近での推移が続いています。

最近の米国経済指標では、失業率の改善、新型コロナウィルスの感染拡大に対する金融緩和、補助金など、リスクオンでドル買いが進む条件は揃っています。しかし、米中対立が深刻化している中で、米中第一合意に関して閣僚級の会合が15日に持たれる事で、ドルを買い進むことが難しいと言える状況がありそうですね。

中国はこれまでgoogleツイッターの排除など、好き勝手してきましたが、相互主義に基づき、米国からもTIKTOKなどの中国アプリや中国企業の排除を進めています。

この動きな反発した中国はiPhoneへの中国アプリをインストールすることを禁止するのではないかと言われています。

16日には中国の主権に基づき尖閣諸島に漁船を送ると明言しており、今週末の動きを考えると先行き不透明感が強いので、今週にポジションの持ち越しはやめたほうが良さそうですね。

今日の売買結果及び売買方針

f:id:jida43456:20200813234718j:imagef:id:jida43456:20200813234721j:image

今日の取引は85,000円プラスの大勝利となりました。

一昨日の取引でマイナス60,000円となっており、元本割れを起こしていましたが、今日一日で上手く取り返すことが出来ました。

やはり、証拠金に余裕があると、少々マイナスを出しても取り返す余裕がありますね。

ただ、いい取引とは言い難いので、反省は多いですね。

f:id:jida43456:20200813235143p:image

1時間足でダブルトップの形が見えるので本日安値の106.55がネックラインとなりそうです。

ここを割り込めばショートを入れたいと考えています。

世界初‼️ロシアでコロナワクチン登録、相場はリスクオン。 8月11日ドル円動向

週足

f:id:jida43456:20200812071132p:image

日足

f:id:jida43456:20200812071137p:image

高値106.675、安値105.878、始値105.878、終値106.478で陽線での引けとなりました。

昨日のドル円は東京時間から欧州時間にかけて上値が重く下値を探る動きが続きました。

しかし、ニューヨーク時間に入り、米卸売物価指数が予想外に上昇するのを受け、反発、上昇傾向となりました。

更にロシアで世界初となるコロナのワクチンが開発、登録されたことが伝わると相場はリスクオンになり、ドル買いが進みました。

その後、新型コロナウィルスの感染拡大に対する補助金に関して、米民主党共和党の話し合いがなされていないことが伝わるとドルの上値は重く反落しての引けとなりました。

ロシアで登録されたワクチンに関しては治験者数も少なく、ワクチンに関する詳細が殆ど開示されていない為、本当にワクチンご存在するのか、懐疑的な見方はありますが、いずれワクチンご開発され実用化されるという期待感には繋がったようですね。

今日発表予定の米CPIも改善されるとの予想もあり、ドル高傾向での推移で107円を目指す動きが続きそうですね、

昨日の売買結果及び今日の売買方針

f:id:jida43456:20200812072058j:image

昨日はマイナス6万円の大敗でした。

f:id:jida43456:20200812072201p:image

4時間足の形がダブルトップを思わせる形であった事、上値目処となる付近に20日移動平均線があり、5週移動平均線にも接していた事でこの付近で反落する可能性は高いと踏んでいましたが、失敗でした。

やはりトレンドが出ている時に逆張りする場合は、スキャルでの取引に終始した方が良さそうですね。

確実に取引をするのであれば、ネックラインとなる数値を突き抜けた時に大きく勝負するのが正解ですね。

106.1で入れていたショートに関しては、建値での決済を取り入れており、上手く処理していたのですが、ショート目線での取引が続いたので、上昇トレンドに対応出来なかったのが、敗因ですね。

また、いいタイミングがあればトレードはしたいですが、今日は様子見の予定です。

中国の報復により米中関係の悪化。相場への影響は軽微か? 8月10日ドル円動向

週足

f:id:jida43456:20200811065030p:image

日足

f:id:jida43456:20200811065035p:image

高値106.194、安値105.700、始値105.853、終値105.952で小幅な陽線での引けとなりました。

昨日のドル円東京市場が休みの中、午前中から欧州時間にかけて下値を試す動きとなりましたが、下値は硬く、105.7付近では反発し、米長期金利が上昇したこともあってか、106円を回復する動きを見せました。

しかし、前週末に行われた米政府による中国制裁への対抗として、米国人11名に対して制裁することが伝わると米中関係の悪化懸念より、ドルは反落し、日通し安値を付ける場面もありました。

しかし、15日には米中第一合意に関して、閣僚級の会合が持たれること、新型コロナウィルスの感染拡大に対する補助に関しての大統領令トランプ大統領が署名したことで、相場に安心感が広がり、ドルの買い戻しで陽線での引けとなりました。

今日もドルの上値が重い動きが続きそうですね。

昨日の売買結果及び今日の売買方針

f:id:jida43456:20200811065926j:imagef:id:jida43456:20200811065931j:image

昨日は取引をするつもりは無かったのですが、8:00ごろに相場を見ているとちょうど5週移動平均線に接するタイミングだった為、ショートを入れています。

移動平均線に接しているからといって必ずしも、反発もしくは反落するわけではありませんが、週足レベルの移動平均線をまたぐ場合、相場に大きなエネルギーがいります。

ファンダメンタルズで大きな動きがある以外の状況では、週の前半では週足の移動平均線にタッチしても、そのまま上昇することは少ないので一先ずショートを入れました。

しかし、移動平均線もそこまで信用出来る指標ではない為、建値まで戻ればポジションを閉じる予定で考えています。

f:id:jida43456:20200811070458p:image

4時間足が、ダブルトップを思わせる動きをしているので、黄色のラインを割り込むようなことがあれば追加でのショートも考えています。

米主導のクリーンネットワークからの中国排除か? 8月7日ドル円動向

週足

f:id:jida43456:20200810091447p:image

日足

f:id:jida43456:20200810091451p:image

高値106.047、安値105.473、始値105.479、終値105.899で陽線での引けとなりました。

金曜日のドル円は米雇用統計を睨み小幅な値動きが続きました。

欧州時間では一時的に106円を伺う動きとなりましたが、米雇用統計を前にポジション調整する向きもあり、106円を回復するまでのドル高とはならずニューヨーク時間に入りました。

ニューヨーク時間では米雇用統計を睨みジリジリとドル高に動き、米雇用統計の結果が6月に比べて雇用回復は鈍化しているものの、7月の失業率が回復していることを好感視した為か、106円を回復する動きを見せました。

しかし、米民主党共和党の新型コロナウィルスの感染拡大を巡る補助金に関しての協議が決裂したと伝わると利益確定売りからのドル安に転じる形となりました。

ムニューシン米財務長官より、新型コロナウィルスの感染拡大に対する補助金に関して、大統領令を発するようにトランプ大統領に要請することが伝わると、ドルは持ち直しましたが、週末を前にドルは106円を割り込む形での引けとなっています。

追記: 月曜日の寄り付きは前週末終値付近となっており、方向感のない動きが続いています。

106円前半では週足のレジスタンスラインに頭を抑えられる形となっているので上値が重い動きとなりそうですね。

金曜日の売買結果及び来週の見通し

金曜日は、米雇用統計の発表を控えていることもあり、予定通り取引はしていません。

現在、米中関係が悪化しており、香港の国家安全法制化に絡み、中国のファーウェイだけではなくシャオミなどの中国のスマホに米国のアプリのインストールを禁止する大統領令の発令、香港の政治家11名に対する金融制裁、米国主導のクリーンネットワークからの中国の排除など、米中対立の悪化懸念が加速しています。

米国は更にTIKTOKウィーチャットなどの中国制アプリの禁止などの強硬策を進めています。

中国政府は米国の動きに対して、反発を強めていますが、元々中国国内ではgoogletwitterなどを禁止しており、中国独自のシステム以外排除してきたことを考えると、米中の対応は相互主義として中国は何も言えないのではないかと考えています。

今まで、西側諸国は中国に甘い対応をしており、中国は世界との約束を守らないことで発展してきました。

米主導のクリーンネットワークから中国を排除することで、企業機密などをハッキングなどで盗んできた中国も物理的にネットワークが繋がっていなければハッキングすることも出来ず、独自での技術開発にお金をかけるという、真っ当な経済活動を始めるかもしれませんね。

この米国の動きを起点として、中国のこれまでの姿勢が是正されていけば、中国に吸われていた富が各国に還元される形になるかもしれないですね。

米中対立が悪化する中でも、米中第一合意に関して、15日に閣僚級の会合が開かれることもあり、相場の方向感は掴みにくいものとなりそうです。

f:id:jida43456:20200809195707p:image

お盆期間ということもあり、あまり相場には触るつもりはないのですが、黄色のラインが4時間足でのネックラインとなりそうなので、このラインを下回ればショートということも考えています。

欧米は給与税などの減税でリスクオン、そんな中、日本は消費税増税? 8月7日ドル円動向

週足

f:id:jida43456:20200807065553p:image

日足

f:id:jida43456:20200807065558p:image

高値105.689、安値105.292、始値105.577、終値105.533で小幅な陰線での引けとなりました。

昨日のドル円は東京時間ではドルの下値を試す動きとなりましたが、前日安値付近では下値も硬く、反発する形となりました。

東京時間で下値を試した後は、欧州時間にかけてドルが反発する形となりましたが、ニューヨーク時間に入ると翌日の米雇用統計を控えた為か、ドルのポジション調整もあった為か、ドルは反落、前日安値を下抜ける形となりました。

しかし、夜半に発表された米週次失業保険申請者数が大幅に改善し、ドルは105.6円まで反発する場面もありましたが、引けにかけては始値付近に収束する形となりました。

今日の米雇用統計の結果を伺う動きとなっているようですね。

昨日の売買結果及び今日の売買方針

f:id:jida43456:20200807070207j:image

f:id:jida43456:20200807070211j:image

ここ2日で5万円ほど勝っていましたが、昨日で半分持っていかれる形となりました。

f:id:jida43456:20200807070320p:image

黄色のラインで時間足でのネックラインを更新したのを確認しロング、赤のラインでネックラインを更新したのを確認しショートを入れましたが、昨日はレンジでの値動きとなった為、往復でマイナスとなりました。

しかし、自分の投資スタイルを崩したわけではないので、仕方ない結果と考えています。

今日は米雇用統計があり、方向感が掴みにくい為、売買はしない予定です。

日本と欧米との追加支援格差

米国では現在、米民主党共和党の新型コロナウィルスの感染拡大による経済的打撃に対する追加支援の協議が難航していますが、トランプ大統領大統領令により、

「給与税減免、立ち退き猶予で大統領令を発令へ。法令には失業保険や学生ローンでの優遇措置も含まれる」

という方針を示しており、更にパンデミックによる渡航規制を解除する形で徐々にコロナ後の世界を睨んだ動きを続けています。

ドイツでも既に、消費税を減税し、景気を刺激する政策が取られています。

一方、日本では賛否両論はありますが、GOTOキャンペーンにより、観光業界を救う形で経済振興策を掲げながら、何故か、税制調査会により、消費税増税の議論がなされています。

アクセルとブレーキを両方踏む形でのチグハグな政策が続いています。

昨年10月の消費税増税の影響により、GDPは大幅に下落し、同時になされた法人税減税により、税収は悪化しているはずですが、ここで税収確保の為、何故か消費税増税の議論をしているところが意味が分からないですね。

増税を推進した財務省の面子もあるんでしょうが、省庁の面子などより、国民の生活の方がよっぽど大事だと思いますが、官僚主導の政治も限界に来ているかもしれないですね。

財務省の解体も含めた省庁改編が必要ですね。

次の選挙では、安倍政権にNOを突きつけ、自民党内での政権交代を促し、閣僚の若返りを図りたいですね。

国会議員、特に閣僚級には70歳定年など、年齢制限を決めることは出来ないのか、そういう議論が聞きたいですね。

昨日は3万円の大勝利!!コピートレードのおかげ? 7月5日ドル円動向

週足

f:id:jida43456:20200806072920p:image

日足

f:id:jida43456:20200806070003p:image

高値105.864、安値105.313、始値105.726、終値105.585で小幅な陰線での引けとなりました。

昨日のドル円は東京時間から上値が重く、反落し、日足の5日移動平均までドル安に進みました。

しかし、日足の5日移動平均線あたりでは下値も硬く、反発を繰り返しており、欧州時間に入ってからは欧州株高も手伝ってドルは当日高値となる105.85まで上昇する形となりました。

ニューヨーク時間ではADP雇用統計が市場予想を下回り、米雇用情勢悪化懸念からドル売り円買いとなり105.3までドルがげらくしましたが、米ISM非製造業指数が58.1と予想を大きく上回る値となり、ドルの買い戻しが入り、105.6付近での引けとなっています。

新型コロナウィルスの感染拡大を巡る補助に関して米民主党共和党の間での議論が続いており、両党は7日の合意を目指しているようですが、7日に合意が出来なければ議論自体が無くなるとも言われており、ドルの上値を抑える動きが続いています。

7日は米雇用統計もあり、値動きは予想しづらくなりそうですね。

米国では中国マスコミの報道ビザの更新を認めないこととなっており、中国側が反発を強めているようです。

香港の国家安全維持法制による反発が強まっていることが伺えますね。

香港の民主活動家も続々と捕まっており、とうとう有罪判決も出たようです。

昨日の売買結果及び今日の売買方針

f:id:jida43456:20200806071152p:image

f:id:jida43456:20200806071208p:image

昨日の売買結果に関しては東京時間で早々に時間足での105.57のネックラインを下抜けることを確認した為、売り主体での取引となりました。

売りに入るのが早すぎた為、含み損を抱える場面もありましたが、テクニカル的に見て下落の可能性が高かった為、強気で売りを入れたことが良い結果に繋がりました。

プラス33,000円の大勝利です。

資産的にも、開始当初の50万円→53万円といい感じで増やせています。

知人の運営するコピートレード会社でコピートレードをやってみたことで、相場感が変わったことが大きいかも知れないですね。

fxyosou.hateblo.jp

f:id:jida43456:20200806071726j:image

今日の売買は方向感が分からないのですが、含み益が出ているのでこのままショート維持かと考えています。

明日は米雇用統計もあるので、105.8まで上昇すれば手仕舞いの予定です。

米議会の調整不調により、ドルの上値は重い。 8月4日ドル円動向

週足

f:id:jida43456:20200805071327p:image

日足

f:id:jida43456:20200805071345p:image

高値106.186、安値105.629、始値105.927、終値105.706で小幅な陰線での引けとなりました。

昨日のドル円は、東京時間から欧州時間にかけて106円をネックラインとして上昇と反落を繰り返しており、ニューヨーク時間で短期投機筋によるドル買いで昨日の高値圏までの上昇となりましたが、上昇は続かず反落しての引けとなっています。

前週末の大幅な上昇を受けて、ドル高傾向にあるようですが、週足のレジスタンスに阻まれる形でドルの上値は重く、反落が続いています。

米国での新型コロナウィルスの感染拡大は再度、減少傾向にあるとされていますが、経済の復興には時間がかかるとの見方も示されており、国民の生活を守る為、追加の支援策が必要な状況が続いています。

しかし、米上院での民主党共和党との追加支援に関する協議がなんこうしており、ドルの上値を抑える動きが続いているようです。

民主党ペロシ議長は来週には与野党間の支援策に対する合意はなされるとの見方を示していますが、今週はドルの上値が重い動きが続きそうですね。

8月15日には米中第一合意に関して、中国が合意を守っているかを確認する閣僚級の会議があるようです。

中国側は南シナ海の領有権問題に関しても話し合いで解決したいとしており、周囲が全て敵という状況で政府主体は音を上げている可能性もありますね。

最近は米中問題での相場の動きは少ないですが、ちょうどお盆期間の話なので、注目はしたいですね。

昨日の売買結果及び今日の売買方針

f:id:jida43456:20200805072234p:image

昨日は前日のショートを処理した為、利益が伸ばせており、資金がもうすぐ50万円の大台に戻せそうです。

f:id:jida43456:20200805072321j:image

今日の売買は、基本的にショート維持かと考えています。

f:id:jida43456:20200805071322p:image

8月3日につけた安値105.57が時間足ベースでのネックラインとなっており、ここを下抜けると円高が大きく進むと考えています。

このラインを抜ければ、戻りを待ってショートを追加する予定です。

中国と日本に関して

最近は中国に関するニュースが多くなってきているようですね。

中国では「新型ブニヤウィルス」が発生し、60人感染で7人が死亡したという記事が出ていますね。

マダニで感染するようで高熱と咳が続くようです。この間は中国でペストが発生したという話もあり、中国発のウィルスが多すぎる気がしますね。

それだけ衛生観念に問題があるということでしょうか?

幸い、中国との交易は閉じられているので、感染が拡大する恐れはありませんが、改めてチャイナリスクを意識しますね。

そんな中で日本のマスコミはいつまで、中韓に媚を売り続けるのか、情けなくなりますね。

東京新聞の記者が「自民党提言の適地攻撃能力を検討する場合、中国や韓国の理解を得られる状況ではないのでは」と河野防衛大臣に質問したようです。

河野防衛大臣は「我が国の領土を防衛するのに何故、中国と韓国の了解が必要なのか」と叱咤したようですが、こうした国を売るような考えがマスコミ界隈では普通の考えとして取り入れられているのであれば本当に怖いなと思いますね。

しかし、思い起こせば私が子供の頃である1990年代初頭などでは、「戦争の反省」として中韓に配慮して軍拡を自重するという論調でのニュースが普通にあった気がしますね。

インターネットが発達し、双方向での議論が活発となり、一次情報であるマスコミ情報を吟味することでおかしいことはおかしいこととして伝わるようになったことで、日本もやっと普通の国になってきたのかなと思います。

30年に渡る景気低迷で、バブル期に高くなりすぎた日本人の鼻も充分におられており、日本が世界から遅れているということが日本人の感覚の中に浸透してきていると思います。

進んでいる国の技術を盗み、日本流に改造し、世界へ再発進するという日本企業の発展パターンが再度、見られる日が来るかもしれないですね。