ドル円を分析、予想するブログ

ドル円を分析、予想するブログ

ドル円に特化した情報を配信しています。

10月20日 8:00ドル円動向

週足

f:id:jida43456:20191021074641p:image

日足

f:id:jida43456:20191021074646p:image

現在値108.36です。

19日にEUとの合意案をイギリスの会話で否決となったことを受け、下窓を開けて寄り付くと考えていましたが、そこまでの影響はないようですね。

米中関係も部分合意という報道がありますが、米中協議終了後の状況を考えると中国のウイグルチベット自治区弾圧、香港デモ問題、台湾の独立問題など、政治的な対立は続いています。

政治的イデオロギーの対立が続く中で経済だけ密接に結び付くことが出来るのか、米中関係を中心としたリスクオフ懸念、10月末に予想されている米利下げ懸念などを考えるとこのまま素直にドル高に向かうとは考えにくいですね。

もちろん、その懸念を払拭するように株高によるドル高推移も考えられる為、読みにくい動きが続きそうです。

今日の売買方針

106.94でのショート維持中です。

108円で週足のサポートラインがあり、ここでの値動き次第で下落か、反発かの判断となりそうですね。

f:id:jida43456:20191021075611j:image

今日の体重

今月目標 61.8

63.3→63.9でプラス600です。

今月も目標達成が厳しくなりましたが、頑張ります。

10月18日 ドル円動向

週足

f:id:jida43456:20191020005952p:image

日足

f:id:jida43456:20191020011734p:image

高値108.718、安値108.383、始値108.629、始値108.414で小幅な陰線での引けとなりました。

金曜日のドル円は前日、前々日と下値を切り下げる形となり、上値が重く反落する形となりました。

イギリスもEUブレグジットに関しての合意が本日19日に行われる英議会の下院で採決されるかが分からない不透明感から小幅な値動きに終始しました。

ニューヨーク時間に入っても小幅な値動きは続き、米経済指標の悪化から上昇する事なく、安値圏での引けとなりました。

来週の売買方針

106.94でのショートを維持しています。

19日の英議会の下院で、合意に関する採決は来週以降に延期されることとなり、月曜日は下方向への窓をあけての寄付きとなる可能性が高くなりましたね。

ダウも27,000ドル台での推移となるため、ドル高に向けた発言もない可能性がありますね。

f:id:jida43456:20191020011427j:image

金曜日の売買結果

8,301→8,292でマイナス9円です。

f:id:jida43456:20191020011618j:image

今日の体重

今月目標 61.8

計り忘れです。最近、本当に弛んだいます。目標達成に向けて頑張りたいですね。

10月17日 ドル円動向

週足

f:id:jida43456:20191018080233p:image

日足

f:id:jida43456:20191018080238p:image

高値108.938、安値108.444、始値108.724、終値108.635で小幅な陰線での引けとなりました。

東京時間から欧州時間にかけては下値が硬く、ブレグジットに関してイギリスとEUが離脱案に合意したと報じられると109円を目指す動きとなりました。

そのまま上昇の流れが継続するかに見えましたが、米経済指標の悪化によりドルの上値が重く反落する形となりました。

イギリスの合意なきブレグジット懸念によるユーロ安ドル高により、ドルの下支えがされてきましたが、イギリスとEUの合意がなされたことにより、ドルの下支えが無くなったこともドル安の要因かと考えています。

今日の売買方針

106.94でのショート維持中です。

109円を前にチャートの形も下値を試す動きに近くなって来ています。

ファンダメンタルズ面での円高リスクもあるかと考えています。

f:id:jida43456:20191018081125j:image

昨日の売買結果

8,393(2,000円入金)→8,301でマイナス92円です。

買いで少しでもマイナスを無くそうと考えていましたが、失敗しました。

早目に切り上げて正解でした。

f:id:jida43456:20191018081410j:image

今日の体重

今月目標 61.8

63.5→63.2でマイナス300です。

昨日はダイエットをサボってしまいましたが、何とか体重が減っていてホッとしました。

10月16日 ドル円動向

週足

f:id:jida43456:20191017074737p:image

日足

f:id:jida43456:20191017074748p:image

高値108.559、安値108.760、始値108.841、終値108.760で小幅な陰線での引けとなりました。

昨日のドル円は米中関係の悪化懸念により、東京時間から欧州時間にかけては下値を試す動きとなりました。

ニューヨーク時間が近付くと、上昇する形としてなりましたが、米小売売上高の悪化により再度下値を試す動きとなりました。

トランプ大統領の米中合意の文書を作成しているというツイートで当日高値まで上昇しましたが、前日高値を更新出来ず反落しての引けとなりました。

今日の売買方針

106.94でのショート維持しています。

チャートの形としては依然上昇基調となりそうですが、ファンダメンタルズ面での円高リスクが上値を抑える形となっています。

最近の相場ではドルが強いという印象を受けています。

f:id:jida43456:20191017075555j:image

昨日の売買結果

6,410→6,384でマイナス26円です。

今日の体重

今月目標 61.8

計り忘れてしまいました。ダイエットも中だるみになりそうなので、気合をいれたいですね。

10月15日 ドル円動向

週足

f:id:jida43456:20191016074218p:image

日足

f:id:jida43456:20191016074201p:image

高値108.899、安値108.153、始値108.384、終値108.851で高値圏での引けとなりました。

昨日のドル円は、東京時間から欧州時間にかけては価格を調整するような動きを見せており、中国政府が関税の撤廃等を求めていることなどが伝わると前日安値付近までドルが売られる動きも見られました。

しかし、ブレグジットに関して、前向きな情報が伝わるとポンド高によるドル高傾向により、109円を伺う動きとなっています。

2ヶ月半ぶりの高値圏での動きとなっていますが、このまま109円を更新する動きとなるのかが見所ですね。

今日の売買方針

106.94でのショートを維持したままです。

f:id:jida43456:20191016075128j:image

昨日の売買結果

6,419→6,410でマイナス9円です。

やはり、裁量より自動売買がいいのか、修正を続けます。

今日の体重

今月目標 61.8

63.3→63.5でプラス200です。

最近、気が抜けています。

10月14日 ドル円動向

週足

f:id:jida43456:20191015074629p:image

日足

f:id:jida43456:20191015074642p:image

高値108.521、安値108.028、始値108.365、終値108.397で小幅な陽線での引けとなりました。

昨日のドル円は前週末の米中部分合意を受けて、上昇する形となりましたが、上値が重く、中国の輸出入の減少に伴い反落する形となりました。

欧州時間に入ると、中国政府が合意署名前に再度協議をしたい意向があるというニュースが伝わると108.02まで下落する形となりましたが、108円を破る動きとはならず反発しています。

ポンドの大幅下げ、米中協議の部分合意に対する懐疑的な見方も広がり、上値を抑える形となり、始値付近での引けとなりました。

今日の売買方針

106.94のショート維持予定です。

チャートの形的には上昇する形となっていますが、ファンダメンタルズ面での円高リスク、台風被害に対しての円の買戻しなど、今日は少し様子を見たいと考えています。

f:id:jida43456:20191015075518j:image

昨日の売買結果

6,428→6,419でマイナス9円です。

昨日から EAの勉強を始めました。稼働出来そうであれば、ここでも結果を載せていきたいと考えています。

f:id:jida43456:20191015075644j:image

今日の体重

今月目標 61.8

63.3→63.3で変化なしです。月半ばですが、最近、気が抜けているので気合を入れ直します。

10月14日 20:30ドル円動向

週足

f:id:jida43456:20191014204006p:image

日足

f:id:jida43456:20191014204011p:image

現在値108.20です。

今日のドル円は体育の日で東京市場が休みのため、前週末に上昇した分の調整する形となりました。

108.2付近まで下落し、ここでは下値が硬いかに見えましたが、中国政府がアメリカとの一部合意の前に再度会談を求めているという情報が出ると108.0付近まで下落しました。

しかし、108円を破る動きとはならず、反発する形となっています。

明日、15日からアメリカの対中関税は延期予定ですが、ここからの米政府の対応に関するヘッドラインには注意が必要ですね。

世界情勢はトルコのアメリカ軍攻撃の問題、トランプ氏の弾劾、合意なきブレグジットなど、円高リスクは数多くあり、下値リスクは継続していると考えています。

今日の売買方針

106.94でのショート維持です。

今週は下げる可能性もあるため、ショート維持しています。

f:id:jida43456:20191014205922j:image