ドル円を分析、予想するブログ

ドル円を分析、予想するブログ

ドル円に特化した情報を配信しています。

4月23日のドル円の値動きを考慮した今日の売買タイミングについての考察

f:id:jida43456:20210426132446p:plain

4月23日ドル円値動き

先日の記事では、金曜日の欧州時間までの記事となっており、今週の動向に関しての確定情報がなかった為、金曜日のニューヨーク時間での動きを加味して、今日以後の値動きに関しての分析をします。

金曜日、ニューヨーク時間に入ると、バイデン政権による大増税が限定的との見方が広がり、ダウの上昇と共に米長期金利の上昇が見込まれ、107.470の安値を付けた後、108.138までドルは急反発をしましたが、上昇が見込まれた米長期金利が0.02%程度しか上昇しておらず、引けにかけては108円を割り込んで107.857での引けとなりました。

f:id:jida43456:20210426133721p:plain

今週月曜日の始値は前週末、想定していた108.288を下回った107.875で寄り付いており、現在のところユーロ高に伴うドル売りに押される形でドル円円高傾向での推移となっています。

今週の値動きについて

現在の下値目途は前週末安値107.470と考えており、ここを割り込めば更なるドルの下落が見込めます。

売買タイミングとしては、107.470を割り込んだのを確認したらショート、108.28付近まで上昇する形が見られればショートという入り方が正解かと考えています。

特に、107.470を割り込めば、週足ベースで下値を支え得るラインは106.362となっており、100pips程度の下落を見込めるので下落を待ってのショートがおススメですね。

今後の円高懸念

現状、日本・アメリカ・インド・オーストラリアなどにより、中国をけん制するクアッド構想、アメリカと台湾が正式な国交を樹立するような動きが続いており、世界が冷戦時代の西側諸国・東側諸国という別れ方に近くなっており、中国が反発を強めています。

これまで、自由主義陣営でありながら、中国と経済的・政治的にも近いとされていたEU諸国も、ウイグルを巡る中国の人権弾圧を巡り、中国への制裁・経済の中国離れが進んでいます。

これまで中国に対して弱腰外交とされていた日本でも、岸防衛大臣によって中国による尖閣諸島への侵略に言及するなど世界の色分けが鮮明になってきているように感じますね。

この日本・EUの動きのバックにいるのはアメリカ議会と考えられますが、アメリカによる中国への制裁・サプライチェーンからの排出などの動きが活発化すると、現在のグローバリズムから冷戦時代のような陣営に分かれる形での新たな世界経済の再構築という方向に動く可能性がありますね。

それ以前に、台湾を中心としたアメリカと中国の激突の可能性もあるので、現在のドル安はこうした世界情勢を織り込んだ動きの可能性もありますね。

今週のドル円の値動きを基にした、来週のドル円動向予想

4/19~4/23ドル円動向

週足チャート

f:id:jida43456:20210423154918p:plain

3月31日に年初来高値110.959を付けたドルは4月に入り3円以上の大幅な下落傾向となっています。

f:id:jida43456:20210423155834p:plain

前週末4月15日16日とドルは赤丸で囲った108.604の安値を付けましたが、小幅に反発しての引けとなっていました。

週足でも日足でも節目となる108.288を30pips程度上回る形での引けとなっているので4月19日月曜日のドルは反発するものと予想していましたが、日本・EUでの新型コロナウィルスの感染拡大が懸念され、想定していた108.288での反発もなく、あっさりと日足・週足の重要ラインを割り込む形となりました。

4月19日月曜日中はドルは欧州時間を前に一時、巻き戻すかに見えましたが、108.288を軸に押し戻される形で反落しての引けとなり、日足の終値始値ベースでも108.288の重要ラインを割り込む形での引けとなっており、この時点でドルの下落傾向は確定的となりましたね。

f:id:jida43456:20210423160942p:plain

4月20日には5・10日ということもあり、ドルは小幅に反発し、昨日の反落しての高値を更新し、安値圏でのダブルボトムが完成する形となり欧州時間に入って、ドルは急上昇しましたが、前週末4月15日16日安値108.604を前にドルの上値は重く再度108円前後まで反落しての引けとなっています。

4月21日・22日・23日と108円を前にして、ドルの下値は硬いのですが、日足・週足の重要なネックライン108.288を前にドルの上値は重く反落が続いています。

今日の終値ベースでドルが108.288を割り込む形での引けとなると、ドルの更なる下落も視野に入れる必要がありますね。

ドル円 来週の値動きの想定

f:id:jida43456:20210423162040p:plain

今日の終値・来週の月曜日の始値が青のライン108.288を上回っていた場合、ドルは青ラインを足場として上昇傾向になる物と考えおり、再度111円を伺う動きもみられる可能性があるのではないかと考えています。

この場合、青のネックラインを足場として、ダブルボトムを形成しながら上昇するものと考えており、その場合、ダブルボトムの形を探すこととなりますね。

逆に、今日の終値・来週の月曜日の始値が108.288を下回っていた場合、ドルの下落は確定的となり、黄色のライン106.382を目指す動きとなるものと考えています。

この黄色のラインでも下落が止まらない場合、ドルは105円、104円に突入する可能性もある為、基本的にショートを入れることとなりそうですね。

来週の取引はこの青ライン108.288に着目した取引をすれば、勝てる可能性も高くなるかと考えています。

【勝率詐欺?】勝率95%!!脅威の高勝率自動売買ソフトを1年間運用して分かった驚愕の事実とは?

f:id:jida43456:20210416180323j:plain

 

はじめに

上記の記事のように、自動売買に対して否定的な見解の記事を書いている私が、高勝率の自動売買ソフトについて記事にすると、普段と言っていることが違うと不審に思う人もいると思います。

しかし、理論上、FX取引で必ず勝つ方法はあります。

そして、この自動売買ソフトはその理論を基に作成している為、95%という驚異の勝率を達成しています。

自動売買による取引結果 

f:id:jida43456:20210416172052p:plain

決済されている分で、2020年5月14日~2021年1月22日の結果となりますが、累計で1,007回もの取引結果で959勝48敗で勝率95%越えというとんでもない結果を示しています。

口座残高は100万円スタートだったので、現在134万円まで増加しており、利回りとしては年利34%、月利としては3%程度でまずまずの収益となっていますね。

f:id:jida43456:20210416170854p:plain

この自動売買ソフトで使用しているFX取引で必ず勝つ方法が気になっている人もいると思うので、次の章で説明します。

FX取引で必ず勝つ方法とは?

FX取引で必ず勝つためには、ある条件さえクリア出来れば実は誰にでも実行可能です。

その実行方法は簡単で、ロングポジションであれ、ショートポジションであれ、プラスになるまで持ち続けるということです。

FXにおいて、理論上、損失を確定しない限り負けは無く、含み損に耐えられる限り収益を上げることが出来ます。

ある条件とはどんな含み損に耐えられるだけの証拠金を準備することです。

今回、実験に使用したソフトは相場の波を利用する形の自動売買ソフトで、上昇すれば必ず下降、下降すれば必ず上昇するという相場の性質を利用したもので、チャートが上昇すればショート、下降すればロングを入れ、37pipsに達すれば自動的に利確するというソフトで、レンジ相場においては絶大な力を発揮します。

しかし、相場が一方向へ大きく進むトレンド相場ではとんでもない含み損を抱える可能性を秘めている危険な自動売買ソフトとなります。

自動売買ソフトの実体

f:id:jida43456:20210416225826p:plain
含み益の合計は673.9pips、含み損の合計は▲10,880.9pipsで合算すると、▲10,207pipsの含み損となります。

1pipsで100円なので、含み損は▲1,020,700円となり、先ほど紹介した34万円の利益は完全にすっ飛んで、むしろマイナスになっていますね。

まとめ

「【FX初心者】2020年5月~2021年4月実績で勝率95%越え‼ 驚異の高勝率自動売買ソフトとは??」はいかがでしたか?

この題名を見て興味を持つ人の中には、勝てる自動売買ソフトを探している人も多いと思いますが、1年間実地で実験した結果、やはり自動売買はおススメ出来ないという結論に達しました。

実は、この自動売買ソフトに関しては、1年前に実験の意味も込めてデモ口座を開設し、試しに回していたものです。

自動売買ソフトの収益ランキングで1位の物を選択したはずですが、結果は御覧の通り大きな含み損を抱えており、いつ強制終了となってもおかしくない状況です。

特にFX初心者は収益ランキングなどでトップになっていても自動売買ソフトには手を出さないほうがいいですね。

収益は1位でもとんでもない含み損を抱えているというソフトも良くあるので気を付けてくださいね。

FXもそうですが、投資をする場合、完全に人任せにするのではなく、最低限の勉強は必ず必要となるので、まずはデモ口座を利用したり、海外FXの口座開設ボーナスを利用してリスクを極力減らして、FXにチャレンジしてくださいね。

【FX初心者】スワップポイント目当ての取引は儲かるのか?実際のレートで試算したら驚きの結果に!!

f:id:jida43456:20210405082816j:plain

 

はじめに

FX業者をGoogleで検索をかけると、スワップポイントによる取引を押している業者を未だに、見かけますね。

スワップポイントにより、どの程度の利益が出るのか、必要な証拠金はいくらになるのかを計算してみました。

1万通貨におけるスワップポイントは下記の数値にて固定とする。

f:id:jida43456:20210409181324p:plain

スワップポイントによる利回りは?

1年間を365日とし、1年間ロングを1万通貨保持した場合、スワップポイントは7,300円の利益となり、1年間ショートを1万通貨保持した場合、スワップポイントは▲18,250円となります。

便宜上2012年1月〜2012年12月の9年間トルコリラ円で1万通貨をスワップポイント目当てで、取引した場合の損益を下記表にまとめました。

f:id:jida43456:20210409180835p:plain

トルコリラ円で1万通貨を取引する場合、レバレッジ25倍で計算すると、上記表の最高値である51.21円で計算しても必要証拠金は20,484円、最安値である13.86円で計算すると5,544円となります。

5,000円〜20,000円程度の証拠金で9年間で65,700円のスワップポイントが手に入ると考えると利回りで見ても300%以上と美味しく感じますね。

果たしてそうでしょうか?

本当の利回りは?

実は先程計算した必要証拠金はあくまでも取引するタイミングでの必要証拠金である為、ギリギリの証拠金しかないと相場が逆に振れた場合、ロスカットに陥る可能性があり、追加の証拠金が求められます。

2014年まではトルコリラが上昇している為、追加の証拠金は必要ありませんが、2015年からは毎年のようにトルコリラが下落しており、2020年までのトータルで約270,000円の追加の証拠金が必要になりますね。

となると、最初の証拠金を合わせると約300,000円の証拠金に対してスワップポイントが65,700円となり、実際の利回りで考えると20%程度の利回りに落ち着きますね。

100万円を1年間預金しても1円という冗談のような低金利である日本の現状からすると、20%の利回りは魅力的ですね。

しかし、ここにも大きな落とし穴があるようです。

スワップポイント取引による本当の利益は?

実は2007年時点ではトリコリラは90円以上の価格でした。しかし、2021年現在ではトリコリラは14円程度でこの14年で80円程度の下落しています。 

今回、試算に使用している2012年から考えても40円➡️13円と27円の下落を見せており、2012年から2020年末にかけて1万通過ロングを保持していたとすると約27万円の含み損を抱えることとなり、65,700円のスワップポイントを手に入れても20万円以上の損失を出すこととなるんですね。

実際の取引ではスワップポイントで、収益を上げていくことを考えると10〜100万通貨での取引することも考えられますね。

そうした時の損失は200万円〜2,000万円以上の損失ととんでもない金額の損失となりますね。

結論

実はここ10数年に関しては、トルコリラ円は大きく下落しており、マイナススワップポイントを払ってでもショートをした方が利益が出ていたんですね。

しかし、これは結果論であり今後もトリコリラでショートを入れた方が良いということではありません。

スワップポイントで不労所得という言葉をよく聞きますが、証拠金取引であるFXはどこまでいっても証拠金がゼロになるもしくはマイナスになる可能性を秘めています。

売買をすることに対してリスクが生じる証拠金取引では長期保有は向いていません。

長期保有して不労所得を得ていこうとするのであれば、配当が出る現物の株式を購入して追加の証拠金に追われることなく、取引する方がいいと思いますよ。

それでもFXをしたいのであれば、海外FXの口座開設ボーナスを利用して、リスクなく取引を始めることをお勧めします。

借金をして、FXで収益を上げることが出来るのか?徹底検証!!

f:id:jida43456:20210405180013j:plain

 

はじめに
  1. フリーローン(無担保型)
  2. 変動金利 年5.975%
  3. 返済期間 10年

にて、120万円を借入、元利均等返済にて返済した場合の検証を行います。

設定として借り入れをしている10年の間は金利の変動はない物とします。

検証①

f:id:jida43456:20210405180128j:plain

この内容で支払いをした場合、最終的な総支払額は1,596,812円となり、利息支払いは396,812円となります。

つまり、10年で396,812円以上、勝つことが出来れば、借金をしてでもFXで収益を上げることが出来るということとなります。

ざっくりと計算すると、年間で約40,000円、月間で約3,300円の収益が出れば充分に収益を上げることが出来そうですね。

果たしてそうでしょうか?

検証②

f:id:jida43456:20210405180220j:plain

元利均等払いにて返済する場合、元利を併せて月に13,307円の返済が必要となります。

つまり、月間で最低でも13,307円以上 の収益が必要となります。

この金額以下の収益であれば証拠金が目減りしていくリスクがあります。

証拠金120万円に対して月利1.109%以上、年利13.308%以上を10年間上げ続けることが出来れば、借入金の返済をすることなく10年後に120万円の現金を手元に残すことが出来ます。

ドル円で、1ドルが110円として10,000通貨で取引した場合、

10,000通貨=1,100,000円で、毎月13pips程度の利益を獲得し続ける技術があれば、借金をしてもFXで収益を上げられるという結論になりますね。

落とし穴

f:id:jida43456:20210405180349j:plain

しかし、考えて欲しいのですが、自己資金120万円で月利1.109%、年利13.308%で10年間勝ち続けた場合、収益は1,596,812円となり、120万円を借金して上げた収益より396,812円も多い計算となります。

また、毎月1万円を貯金していっても10年で120万円となることを考えても、借金をしてまでFXで収益を上げようとする馬鹿らしさが分かるのではないでしょうか。

結論

毎月、元利均等払い分を10年間勝ち続けることが前提ですが、借金をしてFXで収益を上げることは可能です。

しかし、勝ち続けることが出来なかった場合のリスク、金利を払い込む馬鹿らしさを考えると、初期金額を借りるのではなく、自己資金を貯めてから投資に取り組むべきと言えますね。

去年のコロナの時のように、株価の上昇が50%以上の確率で見込める場合などは、資金を借入て株を購入しても良いとは思いますが、資金がゼロもしくはマイナスになる可能性もある証拠金取引であるFXではお勧めは出来ないですね。

どうしてもお金が貯まるまで、我慢できないのであれば、口座開設ボーナスのある海外FXでリスクなく取引をしてみる方がいいですね。

【FX】初心者が自動売買に手を出してはいけない3つの理由とは?

f:id:jida43456:20210403145403j:image

 

はじめに

FXをやり始めると、テクニカル分析・ファンダメンタルズ分析など色んな勉強が必要となります。

もちろん、勉強しないでも勝てる人もいますが、ほとんどの人は勉強をして、勉強した内容をトレードで試して、検証することを繰り返して自分の取引ルールやトレード手法を作り出して、FXでも勝てるようになっていきます。

初心者で、自動売買に手を出す人は、このFXを勉強するということをすっ飛ばして、楽して稼ごうとしているのではないかと考えています。

理由① 自動売買ソフトの内容が理解出来ない

f:id:jida43456:20210405082748j:plain

自動売買ソフトは大きく分けると、トレンドフォロー型と逆張り型があります。

トレンドフォローとは上昇相場、下降相場でトレンドの波に乗って大きく利益を伸ばす手法です。

逆張りとは上がったら売る、下がったら買うと上昇下降を繰り返すチャートの特性を利用した手法です。

これは自動売買ソフトを販売していた友人から聞いたことなのですが、全ての相場で勝てる自動売買ソフトはないそうです。

相場の動向を見極めて、現在の相場で勝てる自動売買ソフトを自分で選択出来るスキルがないと勝てないとプロが語っていました。

理由② トレンドが読めない

f:id:jida43456:20210405082803j:plain

先程の理由①と繋がりますが、初心者にその時々の相場のトレンドを読むことは不可能です。

例えば、現在のドル円ではわずか1,2ヶ月で大幅にドル高に動きましたが、基本的に大統領選挙の年はドル高に動きやすいというアノマリーを知っている人で有ればドルの上昇トレンドを予測して上昇トレンドに強い自動売買ソフトを使用することが出来ます。

このことを知らないと、長く続いたレンジが続くものと想定し、逆張りの自動売買ソフトを使用して損失を抱えることも充分に想定出来ますね。

理由③  損切りできない

f:id:jida43456:20210405082816j:plain

これは初心者だけに限らないのですが、自動売買ソフトを使うと自分の思わぬタイミングで売買をしており、想定外に利益が出ることがあります。

その為、含み損を抱えていても、どこかで取り返せるだろうという気持ちが邪魔をして、含み損が増え続け、最終的に全ての証拠金が無くなってしまって退場する事が良くあります。

結論

自動売買ソフトを使って利益を上げる為に必要な力

1. 裁量で稼げるぐらい相場を理解している

2. 自動売買ソフトの特性を理解している

3. 危ない時には、即撤退出来る決断力

最低でもこの3つは必要だと思います。

知恵袋を見ていると初心者に自動売買ソフトを勧める回答がありましたが、自動売買ソフトで勝つには最低限、裁量トレードで勝てるぐらいの力が必要です。

つまり、初心者が、自動売買ソフトを使ってFXで利益を上げる可能性は限りなくゼロに近いので、初心者はまずはFXの勉強をすることからスタートした方が良いですね。

勉強をしてトレードを開始する場合もまずはデモトレードで、練習をした方が良いですよ。

下記で紹介している海外FXなら、口座開設ボーナスでリスクなく取引開始出来ますよ。

また、プロのトレードを実地で見たいのであれば、コピートレードは裁量トレードのコピーをしているので、どういった相場で売買しているのか、などが勉強出来るので初心者には特にお勧めですよ。

【初心者向け】FXは移動平均線で勝てるのか?5年間の実績ベースで徹底検証!!

f:id:jida43456:20210330172059j:plain

 

はじめに

FXを始める前に、テクニカル分析の勉強をする人は多いはずです。

まずはローソク足の週足・日足・時間足の区別、始値終値・高値・安値の表し方、下ヒゲ・上ヒゲなど相場の転換点におけるローソク足の勉強をし、その後、移動平均線の勉強を始めます。

移動平均線が右上がりの場合、移動平均線より上にチャートがある間はロングを入れる」、「移動平均線が右下がりの場合、移動平均線より下にチャートがある間はショートを入れる」、「ゴールデンクロスデッドクロス」、「パーフェクトオーダー」など、これだけ勉強すれば、なんだか勝てそうな気がしますね。

しかし、実際の取引では移動平均線を利用したFX取引では勝てないことが多いと私は考えています。

実際の相場の数字を用いて理由を説明します。

1.ゴールデンクロスデッドクロスでは勝てるのか?

f:id:jida43456:20210330151950p:plain

2016年3月31日~2021年3月30日の期間にて、ドル円の5日移動平均線20日移動平均線ゴールデンクロスした翌日の始値でロング及びショートの決済、デッドクロスした翌日の始値でショート及びロングの決済という形で計算しています。

上記計算によるとゴールデンクロスでは2016年・2019年・2020年と負け越し、デッドクロスでは2016年・2020年負け越しとなり、トータルではゴールデンクロス-1,372pips、デッドクロスでは-632pips負け越しており、FXの取引で使用するに値しないことが分かりますね。

このゴールデンクロスデッドクロスで怖いのは、年間トータルで勝てる年があることです、短い期間しかバックテストをしていないと、この罠にはまってしまうので、他の通貨・移動平均線の期間などでバックテストする場合も最低でも5年間程度の期間は確認した方がいいですね。

2.パーフェクトオーダーで勝てるのか?

f:id:jida43456:20210330163939p:plain

2016年3月31日~2021年3月30日の期間にて、ドル円の5日移動平均線20日移動平均線、120日移動平均線によるパーフェクトオーダーが発生した翌日の始値でロングもしくはショート、パーフェクトオーダーが収束した翌日の始値で決裁という形で計算しています。

パーフェクトオーダーに関してはショートの2018年の442pipsを除いて全ての年で大きくマイナスとなっており、5年間合計で1,000pips以上のマイナスとなっており、全く使用できるレベルではないですね。

3.移動平均線より上ではロング、下ではショートで勝てるのか?

f:id:jida43456:20210330164014p:plain

2016年3月31日~2021年3月30日の期間にて、ドル円の200日移動平均線終値ベースで更新した場合、翌日の始値でロングもしくはショートの決済、終値ベースで下回った場合、翌日の始値でショートもしくはロングの決済という形で計算しています。
5年間ベースで考えるとロングで1,437pips、ショートで1,123pipsで合計2,560pipsある為、収益を確保できる可能性はありますね。

注意点としては、移動平均線より上か下かで取引する場合ですが、数カ月単位のロングスパンでの取引となるので、取引通貨のスワップポイントの確認は必須ですね。

マイナススワップで利益が全て飛ぶ可能性がある為、注意が必要ですね。

また、5年間でロングで29回、ショートで29回しかトレードポイントがないので、トレードポイントがくるまでのんびりと待つか、他の通貨も確認して200日移動平均線を上下するタイミングを探すしかないですね。

他の通貨で検証する前に、最低でも5年ぐらいはバックテストした方がいいですよ。

結論

1.「ゴールデンクロスデッドクロス」2.「パーフェクトオーダー」に関しては、5年間のバックテストを見る限り、実用レベルではなくFX取引に使用することは出来ないという結論となりました。

しかし、3.「移動平均線より上ではロング、下ではショート」では持ち続ける握力が必要ですが、5年間で2,500pipsと充分に実用に耐えるレベルであることが分かりました。

ここから分かることは移動平均線は現在、上昇傾向なのか、下降傾向なのかという方向性を見ることに関しては長けていますが、エントリーもしくは決済タイミングとして使うには不安定であると言えますね。

数ヶ月に及ぶロングスパンでの取引であれば別ですが、デイトレなどをするのであれば移動平均線は消してしまい、ライントレードなどに取引手法を変えていった方がいいと思いますよ。

fxyosou.hateblo.jp