ドル円を分析、予想するブログ

ドル円を分析、予想するブログ

ドル円に特化した情報を配信しています。

仮想通貨

米シアトル自治区、解散? 6月25日ドル円動向

週足 日足 高値107.445、安値106.825、始値106.825、終値107.160で陽線での引けとなりました。 昨日のドル円は予想通り、107.5付近では上値が重く107円付近での推移となったようですね。 東京時間から欧州時間にかけて、ダウ先物の下落も手伝い、安全通貨で…

米、新型コロナウィルスの感染拡大、リスクオフか。 6月24日ドル円動向

週足 日足 高値107.055、安値106.378、始値106.479、終値107.006で陽線での引けとなりました。 昨日の相場は、米政権がEUおよび英国に31億ドル規模の輸入品に関税をかけること、米国の半分以上の州で新型コロナウィルスの感染拡大する事態となった為か、東京…

マスコミの虚偽報道には罰則がないのは、おかしい? 6月5日ドル円動向

週足 日足 高値109.842、安値109.023、始値109.127、終値109.563で陽線での引けとなりました。 金曜日のドル円は前日に109円を突破しながらも、夜間の雇用統計を前に上値が重い動きとなりましたが、ユーロに連れてクロス円の上昇に引っ張られる形で下値も硬…

コピートレード(ソーシャルトレード)とは?? コピートレード(ソーシャルトレード)おすすめの会社は??

はじめに このページはこんな方におすすめです。 ・コピートレード(ソーシャルトレード)に興味がある。 ・仮想通貨のFXに興味があるけど、取引きする時間がない。 ・裁量トレードに挑戦したけど、勝てなかった。 ・熱くなってしまい、ルールが守れない。 …

米、世界の供給網から中国を排除か? 5月6日ドル円動向

週足 日足 高値106.612、安値105.981、始値106.481、終値106.082で陰線での引けとなりました。 昨日のドル円は米雇用が前月比2,000万人超減、トランプ大統領による中国が前年に締結した米中合意を守らないかもしれないという発言、新型コロナウィルスを巡る…

日本、緊急事態宣言、延長か。 4月30日ドル円動向

週足 日足 高値107.491、安値106.399、始値106.597、終値107.155で陽線での引けとなりました。 昨日の日経平均は前日の原油高とダウ高を好感視したようで420円高となり、2ヶ月ぶりに20,000円代を回復しています。 しかし、後場の終わり頃から日経平均先物は…

原油減産の合意なるも、効果は限定的か。 4月9日ドル円動向

週足 日足 高値109.056、安値108.202、始値108.780、終値108.451で小幅な陰線での引けとなりました。 昨日の相場は前日のダウの大幅高に伴い日経平均は上昇しましたが、上値が重く、日本での新型コロナウィルスの感染者数の増加を嫌気してか、反落する形とな…

日本、新型コロナウィルスの1日の感染者500人超え。 4月8日ドル円動向

週足 日足 高値109.096、安値108.499、始値108.709、終値108.785で小幅な陽線での引けとなりました。 昨日の相場は日経平均が4日続伸し、前日比400円高での引けとなりました。 欧米での新型コロナウィルスの感染拡大がピークを迎えつつあり、増加ペースが鈍…

中国で新型コロナウィルスによる死者数ゼロ??? 4月7日ドル円動向

週足 日足 高値109.267、安値108.665、始値109.209、終値108.739で陰線での引けとなりました。 昨日の相場は日本で緊急事態宣言の発令となり、GDPの20%に相当する108兆円規模の経済対策が好感視され、日経平均は上昇する形となりました。 欧米諸国での新型コ…

ダウ3年振り、20,000ドル割れ 3月18日ドル円動向

週足 日足 高値108.236、安値107.845、始値108.040、終値108.137で小幅な陽線での引けとなりました。 昨日の相場は前日のダウが1,000ドル超の大幅高で引けたこともあった為か、日経平均は300円超の上昇を見せました。 しかし、ダウ先物がマイナス圏になると…

大規模な経済刺激策で、ダウ1,000ドル超の大幅反発 3月17日ドル円動向

週足 日足 高値107.855、安値105.819、始値105.884、終値107.685で大幅な陽線での引けとなりました。 昨日のドル円は前日のダウの大幅な下げにも関わらず、日銀のETF買いに支えられながら日経平均が小幅反発をした事を受けてか、ドル高が進行しています。 欧…

ダウ過去最大2,997ドル安、リスクオフ進展か? 3月16日ドル円動向

週足 日足 高値107.564、安値105.142、始値106.998、終値105.801で陰線での引けとなりました。 昨日の相場は前週末のダウの大幅高にも関わらず、週初よりダウ先物が1,000ドル以上下落しており、日経平均の上値は重く反落する形となりました。 前倒しで行われ…

アメリカ、国家非常事態宣言により、リスクオフの後退か? 3月13日ドル円動向

週足 日足 高値108.494、安値104.500、始値104.626、終値107.843で大幅な陽線での引けとなりました。 金曜日のドル円は、東京時間では日経平均が1,000円を超える大幅な下落を見せる中でも下値が硬く推移しており、リスクオフによる円買いと有事のドル買いが…

BitCopy アカウント作成方法

BitCopyの登録は難しい為、BitCopyのアカウント登録方法をここに共有しますね。 はじめに BitCopyはコピートレードを提供するサービスで、BitCopy自体は仮想通貨取引所ではありません。 BitCopy のパートナー取引所で口座登録し、BitCopyto紐づけることでコ…

ダウ、ブラックマンデー以来の大幅下落。 3月12日ドル円動向

週足 日足 高値106.095、安値103.078、始値104.484、終値104.629で小幅な陽線での引けとなりました。 昨日のドル円は日経平均の一時的に1,000円を超える大幅な下落とともにドルも下値を試す動きが続きました。 株価の大幅な値動きは続いていますが、ドルは上…

ネットの影響で、消費税ゼロも視野? 3月10日ドル円動向

週足 日足 高値105.641、安値104.089、始値105.621、終値104.489で小幅な陰線での引けとなりました。 昨日のドル円は、前日のアメリカの経済対策に対する期待感が後退したことにより、ダウ先物も下落し日経平均も400円以上下落しての引けとなりました。 105…

アメリカでは減税、日本は増税? 3月10日ドル円動向

週足 日足 高値105.914、安値102.002、始値102.368、終値105.619で大幅な陽線での引けとなりました。 昨日のドル円は前日の日銀の介入の噂があった為か、反発する形で始まりました。 円安傾向で原油も反発しており、ダウ先物も大幅高での推移となっていたこ…

日銀の為替介入か? 3月9日ドル円動向

週足 日足 高値105.776、安値101.176、始値105.776、終値102.358で大幅な陰線での引けとなりました。 昨日のドル円は105.776と前週末終値から50pipsほど高く寄り付きましたが、週末にニューヨーク州で非常事態宣言があったこともあり、日経平均の寄付き前に1…

新型コロナショックで更に消費増税か? 3月6日ドル円動向

週足 日足 高値106.336、安値104.986、始値106.154、終値105.227で陰線での引けとなりました。 金曜日のドル円は、新型コロナウィルスの感染拡大による世界経済の下押し懸念により、日経平均も21,000円を割り込み、ドルも下値を試す動きとなりました。 米長…

新型コロナウィルスの感染がEUで急増、世界経済減速懸念によるリスクオフか? 3月6日ドル円動向

週足 日足 高値107.734、安値105.964、始値107.492、終値106.146で大陰線での引けとなりました。 昨日のドル円は前日、ダウが1,100ドル高で引けたことを好感視したためか、ドルは上昇する形で始まりました。 しかし、前日の上昇はFRBによる50ベーシスポイン…

ダウ史上2番目の上昇 3月4日ドル円動向

週足 日足 高値107.678、安値106.837、始値107.075、終値107.485で陽線での引けとなりました。 昨日のドル円は107円を割り込むかに見えましたが、日銀の日経平均の買い支えもあった為か、ドルの下値は硬く反発する形となりました。 米利下げにより、債券市場…

仮想通貨はコピートレードがオススメ!!

仮想通貨とは? 日本円やドルなどのように国家が価値を担保する通貨を「法定通貨」といい、特定の国家により価値を担保されず、インターネット上でやり取りされる「電子データ」取引を信用として担保する通貨を仮想通貨といいます。 仮想通貨は日本円やドル…

韓国、医療崩壊 3月2日ドル円動向

週足 日足 高値108.570、安値107.337、始値107.346、終値で陽線108.257での引けとなりました。 今日のドル円は、ワシントン州の非常事態宣言を受け、アメリカでも新型コロナウィルスの感染拡大を懸念してか、70pips程の下窓を開けての寄り付きとなりました。…

米ワシントン州、非常事態宣言 2月28日ドル円動向

週足 日足 高値109.672、安値107.498、始値109.565、終値108.036で陰線での引けとなりました。 新型コロナウィルスの世界的な拡散により、東京時間から大幅な株安により円高傾向がつづきました。 欧州時間に入っても、世界同時株安による円高傾向は続きまし…