ドル円を分析、予想するブログ

ドル円を分析、予想するブログ

ドル円に特化した情報を配信しています。

85,000円の大勝利‼︎米中関係の悪化懸念により、ドルの上値は重いか。

週足 日足 8月12日〜13日のドル円は12日に東京時間から欧州時間にかけて上昇が続き、米経済指標発表のタイミングで107円を更新しましたが、107円に定着することは出来ず反落しての引けとなりました。 今日のドル円の値動きは小幅な値動きが続くこととなりま…

世界初‼️ロシアでコロナワクチン登録、相場はリスクオン。 8月11日ドル円動向

週足 日足 高値106.675、安値105.878、始値105.878、終値106.478で陽線での引けとなりました。 昨日のドル円は東京時間から欧州時間にかけて上値が重く下値を探る動きが続きました。 しかし、ニューヨーク時間に入り、米卸売物価指数が予想外に上昇するのを…

中国の報復により米中関係の悪化。相場への影響は軽微か? 8月10日ドル円動向

週足 日足 高値106.194、安値105.700、始値105.853、終値105.952で小幅な陽線での引けとなりました。 昨日のドル円は東京市場が休みの中、午前中から欧州時間にかけて下値を試す動きとなりましたが、下値は硬く、105.7付近では反発し、米長期金利が上昇した…

米主導のクリーンネットワークからの中国排除か? 8月7日ドル円動向

週足 日足 高値106.047、安値105.473、始値105.479、終値105.899で陽線での引けとなりました。 金曜日のドル円は米雇用統計を睨み小幅な値動きが続きました。 欧州時間では一時的に106円を伺う動きとなりましたが、米雇用統計を前にポジション調整する向きも…

欧米は給与税などの減税でリスクオン、そんな中、日本は消費税増税? 8月7日ドル円動向

週足 日足 高値105.689、安値105.292、始値105.577、終値105.533で小幅な陰線での引けとなりました。 昨日のドル円は東京時間ではドルの下値を試す動きとなりましたが、前日安値付近では下値も硬く、反発する形となりました。 東京時間で下値を試した後は、…

昨日は3万円の大勝利!!コピートレードのおかげ? 7月5日ドル円動向

週足 日足 高値105.864、安値105.313、始値105.726、終値105.585で小幅な陰線での引けとなりました。 昨日のドル円は東京時間から上値が重く、反落し、日足の5日移動平均までドル安に進みました。 しかし、日足の5日移動平均線あたりでは下値も硬く、反発を…

米議会の調整不調により、ドルの上値は重い。 8月4日ドル円動向

週足 日足 高値106.186、安値105.629、始値105.927、終値105.706で小幅な陰線での引けとなりました。 昨日のドル円は、東京時間から欧州時間にかけて106円をネックラインとして上昇と反落を繰り返しており、ニューヨーク時間で短期投機筋によるドル買いで昨…

セブンアンドアイホールディングスによる米企業巨額買収によるドル需要増か。 8月3日ドル円動向

週足 日足 高値106.463、安値105.572、始値105.729、終値105.937で小幅な陽線での引けとなりました。 前週末の大幅高と日経平均の大幅な上昇を見て、ドル高傾向でのスタートとなりました。 しかし、106.4付近まで上昇すると週足に頭を抑えられる形で反落し、…

104円前半ではドルの買い戻しにより、2円近くの大幅上昇。 7月31日ドル円動向

週足 日足 高値106.046、安値104.179、始値104.655、終値105.847大幅な陽線での引けとなりました。 金曜日のドル円は、米国での新型コロナウィルスの感染拡大によるリスクオフにより、東京時間では前日に引き続き下値を試す動きが続きましたが、104円を割り…

米大統領選挙、延期の可能性浮上。政情不安によるドル売り続く。 7月29日ドル円動向

週足 日足 高値105.266、安値104.672、始値104.867、終値104.707で小幅な陰線での引けとなりました。 昨日のドル円は東京時間では、104円後半でのドルの反発を見て上昇する形となりましたが、105.3を前に上昇が続かず反落する形となりました。 欧州時間では1…

日本の対中融和政策を巡り、米研究機関が自民党の二階幹事長を名指しで批判か。 7月29日ドル円動向

週足 日足 高値105.233、安値104.763、始値105.010、終値104.909で小幅な陰線での引けとなりました。 昨日のドル円は東京時間では上値を試す動きもありましたが、FOMCを前に上値が重く、欧州時間に入るタイミングで前日安値を割りこむ形となりました。 しか…

コロナ対策費を巡り、米議会紛糾により、ドル安進行か。 7月28日ドル円動向

週足 日足 高値105.677、安値104.948、始値105.358、終値105.078で陰線での引けとなりました。 昨日のドル円はFOMCの発表を控え小幅な推移となりました。 東京時間では前日のドルの反発を好感してか、ドルは上昇し105円半ばまで回復する動きとなりました。 …

米BLM運動に中国が武器供与か。米中対立を巡りドル下落。 7月27日ドル円動向

週足 日足 高値106.096、安値105.109、始値106.000、終値105.362で陰線での引けとなりました。 昨日のドル円は米国での新型コロナウィルスの感染拡大と米中関係の激化懸念により、ドル安で推移しています。 米経済はコロナと米中対立の激化で、欧州ほど回復…

米中対立の悪化で、ドル売りが進む。 7月24日ドル円動向

週足 日足 高値106.885、安値105.673、始値106.813、終値106.116で陰線での引けとなりました。 金曜日のドル円は米中対立の悪化懸念により、相場はリスクオフへ向かい円買いドル売りが進みました。 ニューヨーク時間に入るまでは106円を防衛ラインとして推移…

米中対立の激化によるリスクオフ。ドル安進行。

週足 日足 高値107.222、安値106.703、始値107.107、終値106.848で陰線での引けとなりました。 米中関係の急激な悪化により、相場はリスクオフへ向き、日本では4連休を迎えた初日にドルは反落する形となりました。 最近の情勢は明確な判断理由がなく、107円…

EU復興基金の合意によるリスクオンで、ドル売り加速か。 7月21日ドル円動向

週足 日足 高値107.359、安値106.677、始値107.196、終値106.787で陰線での引けとなりました。 昨日のドル円は前日に4時間足のダブルボトムが完成し、ドル高傾向での推移となり、東京時間では上昇傾向となりました。 しかし、欧州時間に入り7500億ユーロ規模…

4時間足のダブルボトム完成、ドル高傾向か。 7月20日ドル円動向

週足 日足 高値107.528、安値106.985、始値107.055、終値107.230で陽線での引けとなりました。 昨日のドル円は前週末の弱い動きを引き継いで、下値を試す動きとなりましたが、5・10日という事もあり、中値にかけてドル高傾向となりました。 中値のタイミング…

米国、IT関連から中国製品排除、同盟国にも対応迫る。 7月17日ドル円動向

週足 日足 高値107.335、安値106.932、始値107.197、終値107.015で小幅な陰線での引けとなりました。 金曜日のドル円は前日の上昇を見て、東京時間では107.42を目指す動きとなりましたが、やはりネックラインでは上値が重く反落する形となりました。 107.2付…

国内の新型コロナウィルスの感染拡大でリスクオフ進む。 7月16日ドル円動向

週足 日足 高値107.393、安値106.826、始値106.871、終値107.258で小幅な陰線での引けとなりました。 昨日のドル円は日経平均が利益確定売りに押される形で反落して始まったのを見てリスクオフのドル買いでスタートする形となりました。 11時には中国の小売…

米中関係の悪化が進むも、相場はリスクオンへ。 7月15日ドル円動向

週足 日足 高値107.302、安値106.658、始値107.181、終値106.917で小幅な陰線での引けとなりました。 昨日のドル円は、米モデルナのコロナウィルスワクチンについて開発が進んでいる事が公式に発表されると株価はリスクオンの様相となりました。 しかし、世…

相場はリスクオン、ドル売り傾向か? 7月14日ドル円動向

週足 日足 高値107.420、安値107.112、始値107.199、終値107.225で小幅な陽線での引けとなりました。 昨日のドル円は前日のドル高傾向を引き継いで上昇傾向での始まりとなりましたが、107.4付近ではショートが観測されており、上値も重く反落する形となりま…

コロナワクチン開発の進展が見られ、リスクオン。 7月13日ドル円動向

週足 日足 高値107.312、安値106.780、始値106.879、終値107.267で陽線での引けとなりました。 昨日のドル円は新型コロナウィルスの感染拡大傾向に嫌気したためか、下値を試す動きとなりましたが、106.8をボトムとして反発する動きとなりました。 時間足ベー…

コロナ治療薬の開発により、相場はリスクオンに向くか?

週足 日足 高値107.258、安値106.632、始値107.147、終値106.901で陰線での引けとなりました。 金曜日のドル円は新型コロナウィルスの感染拡大懸念が再燃しており、1日の感染者数が最大を記録したことを受けてリスクオフの円買いが進む形となりました。 しか…

ドル円は方向感のない相場が続く。 7月9日ドル円動向

週足 日足 高値107.391、安値107.090、始値107.201、終値107.190で小幅な陰線での引けとなりました。 昨日のドル円は新型コロナウィルスの感染拡大懸念により、欧米株式市場の反落を受け、安全通貨である円買いが進みましたが、107円前半では予想通り反発し…

世界的な金融緩和に期待したリスクオン相場、継続か。 7月8日ドル円動向

週足 日足 高値107.704、安値107.196、始値107.512、終値107.245で小幅な陰線での引けとなりました。 昨日のドル円は前日に引き続き、107円前半では上昇し、108円を伺うかに見えましたが、108円を前に失速する形で反落し、107円半ばでニューヨーク市場を迎え…

南半球での新型コロナウィルスの感染拡大か? 7月7日ドル円動向

週足 日足 高値107.784、安値107.239、始値107.256、終値107.506で小幅な陽線での引けとなりました。 昨日のドル円は米国での新型コロナウィルスの感染拡大懸念が再燃した事もあった為か、前日のリスクオン相場とは一転し、リスクオフ相場での安全通貨である…

中国の株価上昇によるリスクオンに。ドルは反落。 7月6日ドル円動向

週足 日足 高値107.766、安値107.249、始値107.419、終値107.276で小幅な陰線での引けとなりました。 昨日の相場は中国経済の回復傾向に後押しされる形でアジア株が高騰し、その余波が欧米市場に波及する形でのリスクオン相場となったようです。 米経済指標…

熊本で洪水被害、円高傾向もあり得るか?

週足 日足 高値107.560、安値107.397、始値107.452、終値107.454で小幅な陽線でのひけとなりました。 金曜日のドル円は米市場が独立記念日により、休場ということもあり、動意薄で1日を通して20pips程度の小動きとなりました。 週間の値動きでは、月火水と前…

米国、コロナ感染拡大懸念でドル買い再燃か? 7月2日ドル円動向

週足 日足 高値107.716、安値107.324、始値107.401、終値107.487で小幅な陽線での引けとなりました。 昨日のドル円は週足に頭を抑えられる形で上値が重く、東京時間から下値を試す動きが続きましたが、やはり107円前半では下値も硬く、欧州時間からニューヨ…

香港、国家安全維持法で300人以上逮捕。 7月1日ドル円動向

週足 日足 高値108.155、安値107.353、始値107.848、終値107.457で小幅な陰線での引けとなりました。 昨日のドル円は、前日の香港に国家安全維持法が制定されたことで、相場はリスクオフ、有事のドル買いが進む形でユーロドル主導でのドル買いが進み、ドル円…