ドル円を分析、予想するブログ

ドル円を分析、予想するブログ

ドル円に特化した情報を配信しています。

米新財務長官のドル安容認発言でドルの上値は重い。 ドル円動向

週足

f:id:jida43456:20210120065808p:image

日足

f:id:jida43456:20210120065811p:image

高値104.077、安値103.646、始値103.671、終値103.646で陰線での引けとなりました。

昨日のドル円は前日がキング牧師の誕生日でニューヨーク市場が休場という事もあり、ドルの方向感がない状況の為か、5・10日の法則通り東京時間で素直にドルは上昇し、104円を更新する動きとなりました。

f:id:jida43456:20210120070417p:image

しかし、104円を超える水準では上値を抑えるラインも多く欧州時間では下値を試す動きも見られましたが、ニューヨーク時間を前にしてリスクオフのドル買いが再開される動きとなりました。

しかし、米議会により、指名された次期財務長官イエレン氏が2017年に制定された財政改革の一部を廃止すべきとの発言をした事で米長期利回りの低下を招き、ドルは反落する流れとなりました。

さらに、ドルの動きは市場に任せるとのドル安容認とも取れる発言、財政の債務が拡大してもコロナ対策を続けるべきとの見解を示した事で、相場はリスクオン、ドルは反落しての引けとなりました。

ドルの上昇が抑えられる動きが続きそうですね。

テクニカル分析

f:id:jida43456:20210120071422p:image

今週に入り青ラインと赤ラインの間でのレンジでの値動きが続いていますが、どちらかにブレークすれば大きく動きそうですね。

f:id:jida43456:20210120071547p:image

上昇の動きとしては15分足で、103.92をブレークすればロングというのも良さそうです。

ただし、15分という短めの足である事、底値圏かどうかは現状から判断出来ないということから、お試しロングというイメージとなりそうですね。

赤ラインを割り込むようであれば、間違いなくショートで良いと考えています。

ダイエット

f:id:jida43456:20210120071948p:image

今日は400g増となりましたが、カロリー制限は続けられているので、仕方ない結果かと考えています。

脂質の多い食事が続いているので、体重も下がりにくいみたいですね。