ドル円を分析、予想するブログ

ドル円を分析、予想するブログ

ドル円に特化した情報を配信しています。

米、大型経済対策の見通し立たず、ドル売り継続か。 ドル円動向

週足

f:id:jida43456:20210126065846p:image

日足

f:id:jida43456:20210126065836p:image

高値103.929、安値103.655、始値103.744、終値103.736で陰線での引けとなりました。

昨日のドル円は、前週末の引け付近で寄り付いた後、材料がないままに5・10日という事で上昇傾向かと考えていましたが、東京時間に入るとドルの上値は重く、反落、103.7を割り込む動きを見せました。

しかし、ドルの下値は固く反発、新型コロナウィルスの感染拡大の影響により、欧州地区の経済が下押しされている事で安全通貨であるドルの買い戻しという相場となりました。

米経済指標の好調な結果を見てドルは日通し高値を付けましたが、バイデン大統領による追加の経済対策は議会の反発もあり実行時期の目処が立たず、ドルの上値を抑える形となり、ドル売りの継続となりました。

26、27日にFOMCを控えており、新型コロナウィルス感染拡大による金融緩和が継続されるとの見方が大勢を占めており、ドル安に向かうとの見解もあるようですね。

テクニカル分析

f:id:jida43456:20210126070846j:image

時間足ベースでは直近高値の更新の動きがありましたが、ドルの上値は重く、反落する形となっていますね。

チャートの形として安値圏でのダブルボトムが完済した動きでは無いため、所謂、騙しの動きとなっています。

取引をしているとこういう騙しの動きに引っかかる事が多いので、安値圏であるか、高値圏であるかという事も考えておきたいですね。

f:id:jida43456:20210126071114p:image

ドルは高値圏へ上昇後、赤ラインを割り込めばダブルボトムの完成の動きとなるため、ここではショートを入れてもいいのでは無いかと考えています。

ラインをブレークするまではレンジでの値動きが続きそうなので、ラインをブレークするのを確認して戻りを売るようにしたいですね。

ダイエットについて

f:id:jida43456:20210126071940p:image

1月9日にダイエットを開始して、17日目ですが、72.2→67.6と4.6キロ減少に成功しています。

無理な食事制限はしていないので、現状では食欲の爆発などはなく順調に体重を落とせているので、まずは60キロをきりたいですね。